MENU

妊娠線ができてしまった時の産後のケアの方法は?

妊娠線の予防をしっかりとしていても妊娠線ができてしまうということはあります。そんなときは諦めるのではなくて産後も妊娠線のケアを続けていきましょう。産後の妊娠線ケアはどのようなことをしていけばよいのか、どんな方法があるのかなどをお話していきます。

 

そもそも妊娠線とは?

そもそも妊娠線というのはなぜ?どこに?できるものだか知っていますか。妊娠線は目に見えるものだけど、表皮にできているわけではありません。妊娠線は真皮に亀裂が入ることでできるものです。妊娠をすると赤ちゃんがいるお腹はどんどん大きくなっていきます。

 

人間の皮膚は表皮は妊娠から起こる皮膚の伸びに耐えて伸びていくことができるのですが、皮膚の奥の真皮や皮下組織は伸びることができずに断裂してしまうのです。
これが妊娠線となります。妊娠線を作らないようにしていくためには真皮を保湿して柔らかくしていくのですが、どうしても限界がくれば断裂して妊娠線はできてしまうものです。妊娠線は予防することも大切ですが産後にケアをしていくことも大切です。

 

産後にする妊娠線のケア方法

産後の妊娠線のケアで最も重要になるのが「保湿」です。妊娠線の予防でも保湿は重要でしたが、産後の妊娠線ケアでも必要なことなのです。保湿をしていくクリームは妊娠線用クリームを使っていくとより効果的です。

 

産後の妊娠線に効果を発揮するクリームは、肌の奥まで浸透して妊娠線に直接働きかける有効成分が含まれています。
なぜ肌の表面の傷が治りやすいのかというと、古い皮膚から新しい皮膚へと入れ替わるターンオーバーが定期的なサイクルで行われているからです。

 

妊娠線は真皮にできているもので、真皮のターンオーバーは表皮のように早いサイクルでは行われていません。
なので、肌の奥までしっかりと保湿することで肌を正常な状態に整えていくことが必要なのです。

 

新陳代謝をアップさせる

産後の妊娠線のケアは、新陳代謝をアップさせていくことを意識していきましょう。新陳代謝をアップさせるためには「食事」「運動」「生活習慣」を気をつけていくことが必要です。食事は三食バランスよい栄養素で取り入れていく必要があります。

 

妊娠線のケアにはプラセンタが効果的なのですが、プラセンタは食事から摂取することはできません。
その場合はサプリメントなどを上手に取り入れていきましょう。毎日適度な運動をすることで体の新陳代謝を上げていくことができます。

 

ヨガやウォーキングなどは産後の妊娠線ケアだけではなくて美容にも良いです。
生活習慣は夜22時から深夜の3時は睡眠が取れるようにしましょう。この時間は、肌のターンオーバーが活発に行われている時間なのでしっかりと睡眠をとることが必要です。
お風呂はゆっくりと湯船に浸かって血行をよくするようにしましょう。

 

美容クリニックでのレーザー治療

産後の妊娠線はレーザー治療を受けることで消していくことができます。妊娠線ができてしまった部分にレーザーを照射してコラーゲンの再生を促して肌を再生していきます。レーザー治療は産後の妊娠線に効果が高いものです。しかし、治療に保険は適用されないので高額な治療になるようです。

 

妊娠線は消えない

妊娠線は一度できてしまうと完全に綺麗に消すというのは難しいです。しかし、限りなく薄く目立たなくしていくことはできます。できてしまったばかりの妊娠線は赤い線ですが、月日が経過していくと妊娠線は透明な少し光る線となって目立たなくなります。産後の妊娠線は毎日のケアをしていくことが大切です。適度な運動と規則正しい生活や食事をしていくことで妊娠線ケアにもなるし、お腹を引き締める効果もあれば、体型維持にもつながります。